安全への取り組み

Safety initiatives

「貸切バス安全性評価認定」
一つ星(☆)を取得しております。

このセーフティバスマークは、貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択できるように、安全に対する取り組み状況が優良なバス会社であることを示すシンボルマークです。「SAFETY BUS(セーフティバス)」は安全に対して弛まぬ努力をし続けているバスを意味します。

「貸切バス事業者安全性評価認定制度」とは?

昨今、貸切バス利用者に良質なサービスを提供する事が求められています。その中で、利用する貸切バス事業者が安全性確保に対して適切に取り組んでいるか否かを判断することが困難な為、安全性が十分に考慮されないまま事業者を選択される場合があります。このことから、日本バス協会において安全性や、安全の確保に向けた取組状況について評価認定をおこない、これを公表しています。この制度によって、安全性の確保に向けた意識の向上や取り組みの推進を図り、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与することを目的としています。

01.徹底した安全運転教育

全車両にドライブレコーダーの装着

定期的に録画内容をチェックし、ヒヤハット映像を活用した安全運転教育を実施しております。

救急救命講習の受講

定期的に地元消防士の協力の下、全社員講習を実施しております。

指導監督指針及び、法令で定められた項目についての運転者への教育訓練の実施の徹底

定期的に適正診断もおこない、その結果をもとに側乗指導をおこなっております。

雪山に備えた自社でのチェーン講習

乗務経験に関係なく全乗務員がシーズン前に安全に走行できるためにチェーン講習をおこないます。

02.運行管理者による乗務管理

目視、アルコールチェッカーによる飲酒の検知

乗務前後には必ずおこなっております。また、1泊以上の乗務の際はアルコールチェッカーの携帯を義務付けております。

運転免許証の携帯・有効期限の確認

乗務前点呼の際に確実に確認をおこないます。加えて乗務員の疲労、疾病、睡眠不足、その他安全運転を阻害する事由の有無の確認。

デジタルタコグラフによる運行記録の保存

乗務員の運行状態を常にチェックし指導を行っております。

03.運行管理者による乗務管理

乗務員の健康状態の把握、指導に努めております

産業医の協力の下、定期健康診断による健康状態のチェック。また、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」のスクリーニング検査や脳MRIの実施をおこなっております。

各営業所に仮眠施設(休憩室)の設置

繁忙期や空車時間に利用できる休憩室を本社、神戸営業所に設置しております。

運行前点検・運行後の清掃

運行前には必ず車両点検をおこないます。運行後には車両の清掃を念入りのおこないます。

整備管理者による車両状態のチェック

常に車両の状態をチェック・把握しております。整備会社との連携による迅速な対応をこころがけております。

04.その他社内での取り組み

車両への安全・室内環境に対する設備投資

衝突軽減補助システム・車線逸脱警報システムを積極的に導入。室内を清潔に保つ為、禁煙の徹底と次亜塩素酸水の噴霧器を中型バス以上に設置しております。

人員確保

求人サイトやハローワークにて積極的に求人活動をおこなっております。

無事故表彰制度

一定期間無事故の乗務員には社内表彰をさせていただいております。

貸切バス・国内旅行業
に関するお問い合わせ

0799-62-6826

【受付時間】月曜日~土曜日 9:00~18:00

貸切バス・国内旅行業に関するお問い合わせ

0799-62-6826

【受付時間】月~土 9:00~18:00